変わったこと

前に書いたレポやSNSにリンクを貼った記事などを掘り起こしているわけですが、10年も経つと興味が移り変わっていることに気付く。

熱しにくく冷めにくいタイプなので、一度ハマると長く続くから好きなものはずっと変わっていないと思っていたけれど、10年くらい前はサッカーの話をよく書いていた。サッカーといっても贔屓のJリーグチームがあったというわけではなく、ワールドカップやEUROのようにナショナルチームが戦う大会。サッカーにもお国柄が出るところと、負ければ後がないヒリヒリした戦いがたまらなかった。

今はすっかり見なくなってしまった。
何があったというわけではないけれど、たぶんフィギュアスケートを観るようになってからそっちに移るようになってしまったんだと思う。

ワールドカップもEUROも4年に1回。
その点、フィギュアスケートはシーズンが始まれば毎年国際大会や世界選手権がある。毎試合がヒリヒリした戦いになる。

私は男子シングルオンリーのウォッチャーだけど、男子であれば地上波で放送される大会だけでなく、有料放送でヨーロッパ選手権、アメリカ選手権、ロシア選手権も見てるし、Jr.ワールドやJr.グランプリシリーズ、日本の大会であれば近畿選手権など地方大会や、全中・インターハイ・インカレなど学生の大会も可能な限り見ている。2020/21年シーズンは多くの大会が無観客開催になり、配信で見ることができたのでフィギュアファンは恩恵を受けた。本来であれば、北海道大会や東日本選手権まではなかなか見れないから。

あと、10年くらい前は海外ドラマもよく観ていたなぁ。
長いものは第10シーズンや第15シーズンくらいまで続いてるから、いくつも並行して観ていると何をどこまで見たのかわからなくなってきて投げ出してしまった。

けど、TMのファンになって30年、ジュリーのファンになって20年。
この人たちへの気持ちは基本的には変わらない。
変わらないから、変わらないうちに彼らの記録を残しておきたい。

Twitterでもフォローしてる横川さんのエッセイ。

タイトルとURLをコピーしました